コエンザイムとは

コエンザイムの働きとしては大きく2つある。
コエンザイムは食事や糖や脂肪などの人が生活していくためにエネルギーに変えてくれる働きがある。 細胞を活性酸素からくる酸化から守り、若いカラダを維持するために老化を守ってくれる働きがある。

人間の細胞のミトコンドリアから入っていける唯一の物質と言える。 金属が酸化して錆びてしまうように、人間のからだも酸化してしまう。それを守るためコエンザイムがある。 細胞脂質の酸化を一番防止するのがビタミンEで、これはコエンザイムがないと力が発揮されない。 コエンザイムは人間の体の内部を美しく、健康にしてくれる役割がある。
コエンザイムはもともと臓器にあるが、歳を取るととともに減少していく傾向がある。 コエンザイムの濃度は20代をピークにどんどん低下していってしまう。 心臓のコエンザイムは、40代で30%、80代で50%以上の濃度が減っていってしまう。 臓器のコエンザイムの濃度が低下していってしまうと、臓器機能も低下してしまう。 臓器の機能の低下から、様々な疾病を引き起こす可能性がある。

コエンザイムが減少することにより、疲れ、肥満、むくみ、息切れ、疲労感などを感じてしまう。 心臓のコエンザイムが減ってしまうと心筋梗塞、脳梗塞、がんなどにもかかってしまう恐れがある。