コエンザイムの歴史

コエンザイムは、1957年にアメリカの博士たちにより牛の心筋ミトコンドリア内から発見されたもの。
発見された物質にコエンザイムと名付けたが、1950年代の初期に、英国の博士によって発見されていた。 発見当時はコエンザイムという名前ではなく、ユビキノンと呼ばれていた。
コエンザイムは、アメリカのテキサス大学により本格的に研究されるようになった。 昔はコエンザイムを量産化する技術はなく、1967年になって日本の企業が、世界で初の量産化に成功した。

日本でコエンザイムは長い間、心臓病の医療用医薬品としての活躍していた。 医薬品としてのコエンザイムが世界で初めて販売されたときは、イノキノンとしてであった。 コエンザイムが食品として利用されてきたのは2001年になってからのことであった。
厚生労働省が食品として認めたために、サプリメントや化粧品にも使用されるようなった。
コエンザイムが日本で生産されたのは1967年である。 日本国内では1980年代には600万人もの心臓病の方や病気の患者に使用していたと言われる。 コエンザイムは、1991年に一般市場に出され、一薬局で販売されるようになった。
最近では世界中で最も注目されているサプリメントのひとつである。